コマメな車検・点検を!夏のシーズンはこんなトラブルにご用心!!

新車からの点検を!

娘のピアノの発表会、息子のサッカーの試合、夫婦の銀婚祝い…。そんな大切な日にクルマが動かない、なんてコトは避けたいものです。

そこで、私どもロータスフジサワがおすすめしているのは、新車からの点検です。

新車だからまだ大丈夫!と点検を受けないでいると、1万キロあたりからオイルの汚れがエンジン内にこびりつき、それを修繕するのに予想外の出費が掛る…なんてことも。

新車のうちからコマメな点検を受けていれば、あとあとお金がかからない。これは私どもの経験から言える確かな真実です。

特にオーバーヒート・水漏れ・オイル漏れなど、点検を通してコマメにメンテナンスをしておくことで、未然にトラブルを防ぐことができるのです。

 

夏のシーズンはここにご注意を!

突然のバッテリーあがり

さらに夏のシーズンに、特に注意すべきことは、突然起こるバッテリーのトラブル

PAK86_koutuujyuutai20130815_TP_V

バッテリーは55℃を超えると一気に性能が落ちてしまうといわれています。その状態で、エアコンを全開で使用し、渋滞中にもモーターが回転する…。

すると、またたく間にバッテリーが弱くなり、エンジンがかからなくなるというトラブルも起こり得ます。レッカーを呼ぶまでの間、猛暑の中を車内で待つ…なんてことになったら、せっかくのレジャーが台無しです!

 

乗ってないのにバッテリーが上がる理由

また、よく頂くのが「少ししかクルマに乗っていないのに、バッテリーがすぐに上がっちゃう」というご相談。

jumper-cables-926308_640

実は、むしろあまりクルマを利用しないでいることのほうが、バッテリーは上がりやすいのです。

理由は簡単。エンジンを回すことで発電し、充電するバッテリー。それが満充電にされる前に止まってしまうと、乗る度にバッテリーの総量は減っていきます。結果、乗らないクルマはバッテリーあがりのリスクは高まるのです。

そのため、少なくとも30分ほどクルマを運転された方が、バッテリーのトラブルを防ぐことができると考えています。

 

車検・点検は藤沢自動車株式会社(ロータスフジサワ)で!

お見積もりは無料です!

その他、あらゆるトラブルを未然に防止することができる車検・点検。トータルで考えれば、こまめなメンテナンスをしておいたほうが、安く済むこともしばしば。

是非とも、藤沢自動車株式会社(ロータスフジサワ)で、車検・点検の実施をオススメしますお見積もりは無料

お気軽に藤沢自動車【0465-83-3521】までお気軽にお問い合わせ下さいませ。