『静脈産業』と自動車のリサイクル。無駄のない資源循環のために

静脈産業と自動車のリサイクル

「静脈産業」という言葉をご存知ですか?

生産から組立、商品販売までを「動脈産業」と捉え、それ以降の回収、再生資源・エネルギー回収までを「静脈産業」と呼ばれています。リサイクルなどで資源等を回収したのち、再び製品化される工程を「静脈産業」に含みます。

protection-65340_640

自動車産業においても、この資源の循環があてはまります

弊社、藤沢自動車ではこの販売から、回収までの一連の流れを担っており、

①自動車の廃棄を引き受ける引き取り業務

②エアコンに利用される「フロン」を回収する業務や、爆発物であるエアバッグを処理するエアバッグ類指定取引業務

そして、

解体業者としての業務

までを引き受けており、自動車産業における「静脈産業」の工程の多くを占めています。では、なぜこのようにリサイクルするパーツが細かくカテゴライズされているのでしょうか。

 

自動車リサイクル法と部品流通ネットワーク

2005年1月から施行された「自動車リサイクル法」により、年間300万台以上廃棄される自動車のリサイクルを法律で義務づけられました

(参考:経済産業省・自動車リサイクル法とは

適切に処理をすることで、埋立地のスペース確保と不法投棄を防止するためです。

planet-964112_640

弊社でも、この法律により、自動車部品のおよそ8割以上がリサイクルされています。

さらに、部品流通ネットワークに加入しており、全国の業者より依頼があれば、無駄なくパーツを供給できるよう対応しています。

今後も環境に負荷をかけない事業を取り組んで参ります。

 

こんなお車、ありませんか??お引き取りいたします!!

まずは無料相談を!!

ご自宅や敷地内に動かないクルマ・乗らなくなったクルマ・事故車・廃車・過走行車などはありませんか。

どう処理すればよいのか分からない、あるいは、処分の方法に困っているなど、どんな小さなことでもまずはお気軽にご相談ください

相談は無料です(お引き取りの際、手続きに費用が発生する場合があります)。

また、お車の買い取りも行っておりますので、まずはご連絡ください!!

担当部署解体部(リサイクルパーツセンター)
連絡先0465-83-0062までお気軽にご相談ください!
所在地神奈川県足柄上郡大井町金手303
(足柄大橋から見える緑色の建物)