小さな部品「スパークプラグ」の良し悪しで燃費が変わる!?

楽しかったお盆休みもおしまい…という方は少なくないのではありませんか?

 

見落とされがちな「スパークプラグ」

「最近、エンジンの調子が悪くて…」

さて、お客様からこんな相談を受けることがあります。

「最近、エンジンのパワーが弱くて。ガソリンスタンドで見てもらったんだけど分からなかったみたい」

そんなとき、私たちはまずクルマのとある部分を疑います。それは…

dav

スパークプラグ」です。

 

「スパークプラグ」の役割

スパークプラグとは、別名「点火プラグ」といわれるとおり、このスパークプラグから放たれる火花によって燃料を爆発させ、ピストンを動かしエンジンに動力を与えています。

プラグが壊れてしまえば、軽自動車では3本あるピストンのうち2本しか点火していない…なんてことも。これではパワーが足りないのも頷けます。

これほどまでに重要なパーツであるのにも関わらず、実は、交換されないことがしばしば

調べてみれば原因は、プラグの先端が摩耗することでうまく燃料を燃焼できていないから。

上記写真は、左が新品。右のプラグは電極部が摩耗しているのがわかります。こんな小さなことでも、少なからず燃費にも影響を与えるのです。

「5万キロ以上プラグを交換していない」というお客様はもちろんのこと、「それほどの距離を運転していないのに調子が悪い」というお客様でも、プラグを交換することで力強くクルマを動かせることもあります

そのため、メーカーで推奨される4万キロを目安として、お車の状態を見極め交換をオススメしております(4万キロでなくても交換できます)。

 

奥が深いプラグ周辺。だからこそ細かく修理・点検を行います

また、プラグを繋ぐ「コイル」の働きが悪い場合もあり「パワーバランス」という方法で1本1本判定しています。

プラグ周辺に関しては、奥が深く、小さなことでもエンジンの働きが変わります。

放たれる火花の見極めなど、長年の経験と熟練の技術により、お客様へ修理内容をご案内しています

お車の異常を感じたら、お気軽に藤沢自動車【0465-83-3521】までお気軽にお問い合わせ下さいませ。